Home » ヒマラヤ・アイスクリスタル レッドガーデンクォーツ ミックスワイヤーブレスレット

ヒマラヤ・アイスクリスタル レッドガーデンクォーツ ミックスワイヤーブレスレット

◆ヒマラヤ・アイスクリスタル レッドガーデンクォーツ ミックスワイヤーブレスレット

◆アイスクリスタル8ミリ玉をトップに透明度の高いヒマラヤアイスクリスタル6ミリをサイドに組み合わせレッドガーデンクォーツ、ルチルクォーツ6ミリをベースにしてミックスしました。ポイントでブルーメノウ、スギライト、シトリン、スモキークォーツをミックスしてます。

ヒマラヤアイスクリスタルがベースになっていてとても透明感のあるブレスレットです。

アイスクリスタルとは、別名を涅槃水晶(ニルバーナクォーツ)とも呼ばれる天然石です。
通常のポイントとかクラスター等で産出される場合は表面が白色またはピンク色になっておりますが、内部はピンク色ではなくクォーツ(水晶)と同じ色です。削りだしてビーズにするので透明になっています。
アイスクリスタルは、鉱物的には蝕像水晶(エッチングクォーツ)に属し水晶が成長過程で酸等により溶けたりしたもののことを言うそうです。
またパワーストーン的には心身の浄化、癒しに効果的で近年ヒーラー等に非常に注目されています。

レッドガーデンクォーツとは、クォーツの内部に様々なインクルージョン(内包物)が入っておりまるで小さな庭園のように見えるのでそう名づけられました。赤みがかったインクルージョン(内包物)が入っています。

ルチルとは二酸化チタン鉱物の一つで透明と不透明の物があり金属光沢をもちます。針状に水晶に入ったものをルチルクォーツとよびます。
名前のルチルはラテン語の黄金色という意味の「rutilus」からきています。パワーストーン的には洞察力、直観力が向上し真実を見分けることができるといわれています。

※サイド画像の中央付近の黄色の石がシトリンです。その両横がブルーメノウ(丸型)、スギライト(ロンデル型)です。そのスギライトの横がレッドガーデンクォーツです。
スギライトはラリマー、チャロアイトと並んで世界三大ヒーリングストーンの一つにも数えられる石です。
スギライトの歴史は浅く、1976年に日本人によって発見された鉱物です。パワーストーン的には非常に高い霊的なパワーで危険から身を守る効果があるともいわれています。
スギライトは一説では「今世紀中発見された鉱物の中でも1,2を争うくらいのヒーリングパワーがある石」といわれ非常に人気が高まっています。

アイスクリスタル ワイヤーブレスレット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*必須